ホーム≫会社案内≫ワシノ機工の役割
 

ワシノ機工の役割

永年のノウハウと情報力に先進思想を加えて

ニーズが日々、多様・複雑化する産業界において、商社に求められる機能はまさに多様になっています。こうした状況のなかで、ユーザーに確かな形で対応していくためには時代に応える情報力・ノウハウはもちろん、常に未来を見つめる先進の思想が必要になってきます。

ワシノ機工では明治23年会社創業以来の実績と経験をベースに、“今求められているものは何か”、さらに“今後求められるものは何か”に視点を向けて「コンサルティングセールス」を実践。取引先の状況を熟知した上で、求められる情報・ノウハウをスピーディに提供するのはもとより、一歩先を見た提案を加え“次代を考えるワシノ”の本領を発揮しています。

ニーズを確かなカタチに 技術と創造力を誇る“ワシノ機工”

刻々と進歩するメカトロニクスの世界において、単にメーカーとのパイプ役としての機能のみならず、優れた技術力が商社にとって欠かせないものとなっています。
ワシノ機工では“メーカー機能のある商社”として存在すべく、早くから自社内部に設計部門を持ち、技術開発に力を注いできました。その高度な技術は数々の商品の開発・改良に余すところなく活かされ、顧客にも高く評価されています。

斬新な発想とそれを実現可能たらしめる創造者の熱意で限りなき未来への可能性に挑む――新しい商社のあり方を実現するワシノ機工です。